議論の価値ってなんなのか?

今日は自分のために覚えておきたいことのメモ。要約部分は引用以外は私が理解するための要約なので著作にはない言葉遣いも混じっています。また、要約は目次の通りでなく、インパクトのあった章から始めています。

要約するのはこの本です。

集団的自衛権の思想史──憲法九条と日米安保 (風のビブリオ)

集団的自衛権の思想史──憲法九条と日米安保 (風のビブリオ)

 

本書は「集団的自衛権」が憲法9条と日米安保の整合性を図っていくなかでどのような変容をしていくのか、を追跡しています。 

 

第3章 日米安保は最小限の自衛なのか?

砂川事件」とその二つの判決に伴う議論

1960年の安保法制改正の前後の憲法と安保の議論の変遷を分析しています。

砂川事件についてはこの本で初めて知りました。

東京の立川空軍基地の拡張工事に伴う反戦運動で敷地内にデモ隊が立ち入り、起訴された事件です。その裁判で東京地裁が「無罪」とし、それを最高裁が破棄・差し戻しました。

東京地裁の判断は「日米安保条約は戦力保持にあたり、違憲である。したがって安保条約に基づいた罰則規定よって罰することはできません」というもので

それに対し最高裁

国連憲章がすべての国が個別的および集団的自衛権の固有の権利を有することを承認しているのに基づき、、、、アメリカ軍が日本国内およびその周辺にその軍隊を配備する権利を有する、、、」

という日米安全保障条約の根拠は国連憲章であり、日本国憲法に違反しないというものです。

この判決を受けて法律学者が専門誌等で行った議論の中に「二つの法体系論」があります。これは「日本には憲法ー法律ー命令の系と日米安保ー行政協定ー特別法の系の二つの法体系がお互いに矛盾しながら同時に存在している」というものです。

 

本書なのかでこの砂川事件の関する3人の法律家のいっていること(理論)も理解ができ、話し合われているのが「日米安全保障と憲法について矛盾するか・しないかを議論している」ってことも理解できました。

 

この本の中で私が「議論の理解」できるのが、この部分だけでした。

60年代までは日米安全保障と憲法9条の矛盾をどのように解消するべきかが話し合われてていて、この矛盾した状態は今でも矛盾したまま存在しているので「何の議論をしているのか」という前提が現在と共有されているので、わかりやすい。

 

集団的自衛権の議論に関しては

「必要最小限の戦力」「憲法で制限をされた自衛権」保持という政府の理解と、その制限付き自衛権日米安保の裏付けによってワークしている。政府の考えは「日本に米軍が配置されているのは「集団的自衛権の範囲」であるが、自衛隊が外国で活動することは憲法で禁じられている。自衛隊が国内でその抑止力を発揮できるのは在日米軍があるから。」ってところでしょうか?

この時代には集団的自衛権違憲だという共通認識はありません。

 

憲法9条と日米安保を両立するために起きるであろう混乱について、以下引用、()は私が付け加えたものです。

日本の自衛隊は個別的自衛権のみ基づいて行動するだろう。(憲法9条)しかし間違いなく集団的自衛権を行使する米軍とともにそうするだろう。(日米安保)恐らくは「最低限の実力」組織である個別的自衛権行使者たる自衛隊は、集団的自衛権行使者たる世界最強軍隊である米軍の主導の下に、共同作戦を遂行するだろう。また日本への攻撃がない場合の米軍の行動に日本は協議の上で同意を与えるかもしれない。

読んでいるだけで、めまいがするでしょう?上記の引用に続いて著者は

それらの状態は、法的整理を行わなければならない立場の者にとっては、悪夢のように複雑な事態だろう。だかそれが日本の国家体制の帰結なのだ。

といった指摘をします。

この後者の引用部分については、私は

日本の(外交と)安全保障は、国民にとってどのように運用されているか理解できないほど複雑であり、安全保障上必要な行動の承認を得る手続きは悪夢のように社会的コストが高い。 しかし、それが現状です。

というように理解しています。

 

そのほかには、この時代に高度経済成長に入ります。

 

、、、長かった。本の内容以外で考えたこと。

改めて3章を読み込んでみて、この章だけ比較的議論が分かりやすいのは、現在でもこの時の議論の前提になっていることが変わっていないことと、裁判長という法律の専門家の「理屈で考えればこうなる」というロジックがある意見であったとこが、わかりやすいの理由だと思いました。

政治家の国会での発言はわかりにくい。目的が政治活動ならわかりにくいのが普通のことなのかしら?

専門性を持つということは、普通の人にもわかるロジックを示すことで、必ずしも易しい言葉を使うことではない、とも感じました。

先にあげた二人の裁判長は言葉遣いは難しいし、単語の検索する必要はありますが理論自体が難しいわけではありません。

 専門性とかアカデミックの価値ってこの辺にありそうだな、とも思います。

 

あー疲れた。

じゃ。

信じている価値について

本日も政治と読んだ本のお話し、の続き。

よんだのはこちらの本です。

集団的自衛権の思想史──憲法九条と日米安保 (風のビブリオ)

 

前回のエントリでこの本で一番インパクトがあったことが「国体」と「国民の生命」の並置関係だとしました。

 

私は沖縄で生まれ育つ過程で「暖かい(寒くない)場所で生活できることは幸運」と同時に「アメリカとソビエトがけんかしたら沖縄の人は(東京より)先に死んじゃう」ということをごく普通に「そういうものなのだ」と受け止めていました。ソビエトがあった子供の頃、10歳頃の理解です。

「寒くない」と「有事の際には犠牲が出る(可能性が大きい)」ことは善し悪しではなく、沖縄で生きていく与件だと考えており、今でも子供の頃の理解と大して変わりありません。

 

「有事」とは(日本)国民の生命(と財産)が危険な状況になることで、それを回避するための負担・リスク(安全保障の維持)を引き受けるのは「誰かがやらなければならないこと」となので、沖縄に関しては負担が大きすぎると思いますが、おおむね抵抗感・違和感は少なく、受け止めていました。

 

そうなんですが、

国体というなんらかの「システム」、生命でもなく、手で触ることの出来ないサービスのようなものに対してまでそれを維持するために「先に死ぬリスク」を引き受けられるか?というと、、、そんなことは、できません。

私は「国体」にたいしてそこまでのリスクを取って守るべき価値を見いだせません。

しかし、現在の安保法制の考え方をなぞってみると、沖縄に住んでいるということは「国体を守るために犠牲を払う」負担をしなければならない、ということだと思えてなりません。

うーん、たいへん不本意です。

私のような普通の人に出来る政治的な働きかけって「投票と寄付」だと考えており、自分が価値があると思えることにお金を払っていく(寄付する)ことなのですが、、、。

 

私が日頃から感じている「これは大事なんじゃないか」と特に思うことは二つ程ありまして

「自分のこと(態度)は自分で決める」 

「生きている間は生きていたい」

というものです。きっともっと価値を示すのにふさわしい言葉があると思いますが普段使っている言葉であらわすとこうなります。

 

大袈裟に言えばこの二つが私の信じている二大価値です。

思想・信条ってほどのものではありませんが、今現在の私の信仰告白はこのようなものなのです。

 

次回はこの本を読むまで全くわかっていなかったことについて書きたいと思います。

じゃ、またねー。

「国体」というパワフルなコンセプト

 今日は政治と読んだ本のお話しです。国民体育大会は無関係です。

私が沖縄に住んでいて、疑問に思うことで政治に関係することは大きく三つあって

 

沖縄本島に米軍基地が集中していることに沖縄以外の地域では知ってはいるが無関心(それで問題がないという認識)なひとが多いのはなぜだろう?

ソビエトは崩壊したはずなのに日米安全保障の体制が変化しない(他の軍事同盟が成立しないのは)のはどういった理由があるのか?

・冷戦構造は終結したはずなのにこれからも沖縄に米軍基地を集中させ続ける事情があるのか?

 

というもので、どれも日本の安全保障に関連する事です。

私が今までのメディアを通して見聞きした議論や意見をもとに、上記の疑問に回答すると

「安全保障(平和)は必要だけれど軍事基地は引き受けられない、そのためにはその問題自体を無視したい」

ソビエトは崩壊したが、アメリカを主軸にした外交政策は変えられない」

「沖縄以外に米軍基地を置くのは政治のコストがかかりすぎる」

といったかんじです。

新聞やテレビ放送レベルの情報をもとに考えると「そう考えると現実に起きていることに説明がつく」と思ったのが上記の説明です。ほぼ印象論なんですけどね。

この説明が、大間違いではないかもしれないけれどそう正しくもないかも、と思うことがありました。

 

何があったかといいますと、この本を読みました。

集団的自衛権の思想史──憲法九条と日米安保 (風のビブリオ)

集団的自衛権の思想史──憲法九条と日米安保 (風のビブリオ)

 

難しかったです、、、。

 

「正しくないかも」とおもったのは、この本を読むまで意識していなかったことがいくつかあって、これは政治に大事な要素だったかもというものが二つありました。

ひとつは「アメリカの影響下にあることを前面に出したくない」という人の存在で、もう一つは「国体」らしきものが現在でも存在している、ってことでした 。

 

インパクトは後者の方が大きかったです。

「国体」といっても国民体育大会ではなく、戦争中の天皇(制)のことです。いまでは天皇陛下は象徴(日本の中でアイコニックな存在)ですが、戦争中はこの制度がなければ日本という国は成立しない(と思われていた)ほど国の根幹をなすものでした。(というのが私の「国体」の理解です。)

その「国体」が戦後になって「憲法9条解釈と日米安保の矛盾した両立」のなかに「国の主権」といったかたちで生きている。

で、インパクトがあったのは安保法制閣議決定の文言中に「国体」と「国民の生命」は並置されていることです。

 

もうひとつの「今でもアメリカの影響下にあることを全面に出したくない」については説明されたら納得できますが、沖縄にいるとそんな態度を取ることが不可能なので、全く忘れていました。

 

この二つの事から感じたことは、思想・信条などのフィジカルな実態のないもの、言葉で作られているものは、フィジカルでないがゆえにしぶとく生きのびるのだ、ということでした。やっぱり、コンセプトってパワフルなんだな、とも思います。

 

さて、おまけです。

「大間違いではない」と思ったところは、日本が得た結論は「日米安保は強化する」で「憲法改正もやらない」というあくまでも現状維持します、っていう態度。

この態度がどのように形成されたかをトレースすることができました。

 

今日はここでおしまい。

またねー。

アマゾンは「ふんどし」を履くように勧めてくるけれど

世間の子どもたちは「なつやすみ」ってものになっているらしい。

平日の朝7時からキャッチボールをしている声が聞こえる。

 

夏はなるべくベランダで過ごそうと決めて、この数年アレコレとベランダで過ごすためのグッズを探しています。南側に向いたベランダで足の日焼けをしながら読書かラジオを聴く、というのが夏のベランダでの過ごし方です。

 

今日はベランダタイムにまつわるあれこれ話です。

 

足を焼くためのショートパンツを探していた頃、3年ほど前の話です。その頃のショートパンツはひらひらのフリルがついた20代の女の子がビーチできたらさぞ可愛らしかろう、というものが多く、誰も見ない、とわかっていても気恥ずかしくてとても自分できる気にはなれないものでした。

うーん、足を焼くために履くものなので、普通のズボンを切ってしまってもいいのですが、うすーい生地でつくられていることが日焼けショートパンツでは大切な要素なのです。部分的日焼けでも、沖縄の直射日光、すごく暑い。普通のズボンでは耐えられません。

で、そこでですね、ショートパンツってほとんどトランクスと同じなのではないか?と思いまして、男性用のトランクスでショートパンツとして履けるものを探していたんです。良さそうなデザインのものをアマゾンのほしい物リストに次々入れて、アレコレと比較していました。

リストアップしていたのはこれです。

fujimaki-select.com

 

そんな感じで日々暮らしていましたら、ある日のアマゾンの「あなたへのおすすめ」メールで

 

 

この ↑ 情報が送られてきました。

 

ふんどしって今でも売っているんですね。(お祭りとかで使うのかしら?)

実物は見たことありません。

 

今年になって、ユニクロのビーチウェアで、良いものを見つけたので無事ふんどしを履くことはなく、今夏を無難に過ごしています。

 

そんじゃ、またねー。

 

たまには「難しいな」と思う本を読んでみる

暑いさなか、沖縄島の北部ではこういうことがありました。

www.okinawatimes.co.jp

しかし、辺野古での新基地建設はするのだろうな、というのが私の感想です。

さて、私はこれからどうすべきか?

 

うーん、

 

私は米軍基地が沖縄にあること自体は、もうあるものについては認めてしまってこれ以上の軍事基地集中をやめたい。これから産業として開発していきたい「観光」と軍事基地は相性が悪いと思うからです。つまり、辺野古での新基地建設には反対です。

 

日米安全保障条約についても基本的に賛成しています。

アメリカと同盟を結ばないという選択肢はない、と思うからです。

 

自分の住む場所は都市でも田舎でも、米軍基地のある場所には住まない、と決めています。

 

自分の意見は上に書いたようなものなのですが、沖縄の状況は新基地建設に向けて着々と進んでいきそうな気配です。

 

新しい知識が必要なのかもしれない。だいたいわからないことが多すぎる。

 

2年ほど前の「安保法制騒ぎ」は一体なんだったのかしら?

結局、沖縄の状況を改善する方向にワークしたのかな、あの騒ぎって。少なくとも日本の安全保障は前進したのかしら?

騒いでいた人の言い分のほとんどを理解できなかったので、そのうちなんかしらの結果を出すだろう、って思っているうちに騒いでいたグループは解散してしまった。

 

憲法9条を理由にして、米軍基地に反対している人って、沖縄の状況をどう説明するのだろう。

沖縄に暮らしているってことは、ずっと憲法が守られない状況で暮らしているってこと?

 

といった感じで、頭の中が混乱しています。

今の状況をどう捉えたらいいのかもよくわからない。

 

そんなこんなで、何か新しいインプットが必要なのかもー、と思いまして、普段は読まないタイプの本を読んでみました。

これ ↓ 

集団的自衛権の思想史──憲法九条と日米安保 (風のビブリオ)

集団的自衛権の思想史──憲法九条と日米安保 (風のビブリオ)

 

 

結論から話しますと、読むのに大変時間がかりました。読む価値があります。

タイトルになっている「集団的自衛権」というものがどういった経緯で成立したものなのか、副題の「憲法9条日米安保」の関係の変化も時系列に沿って整理されています。

この本から学んだことのまとめは、また別に書きます。

 

読み始めた頃の稲

f:id:agaf:20170607072851j:plain

 

読み終わった頃の稲

f:id:agaf:20170723165440j:plain

ワラがロールになっている。

これは牛っこの餌になるのです。

 

じゃ、まとめ、頑張ります。

 

またねー 

島の買い物生活

稲刈りが終わりました。

f:id:agaf:20170723070240j:plain

今年の夏は夕立も少なく、ピカピカの日々が続いている。暑いよ。

夏の祭りも終わって、次のシーズンに向けて整体と買い物のために日帰りで沖縄島まで行ってきました。帰ってみると、ネットで注文していたものがドサドサと届く。

こんな感じです。

f:id:agaf:20170720180248j:plain

ネットで注文していた箱はみっつ、靴屋さんに注文していたものがひとつ、今日の日帰り旅で買った靴がみっつ(買いすぎだ!)島ぞうりひとつ、あとは新聞と花。

 

箱の中身も出して見ましょう。

f:id:agaf:20170720180828j:plain

箱の中身が書籍4冊、Tシャツ1枚、ハンカチ1枚、ハイヒール。除湿剤一式、酸素系の漂白剤一袋(1kg)。

 

はきもの関係が4つもあるのは多すぎる気がする。が、写真に写っているのはどれも島では手に入らないものばかり。島ぞうりは売っているけれど、サイズがない。

 

島にいて、手に入るもは

f:id:agaf:20170702100758j:plain

これとか

f:id:agaf:20170721053854j:plain

こんな感じ。

 

どちらも手に入るから、生きていけるのだと、思っています。

 

じゃ、またねー。

私だけの部屋、夏の部屋。

7月になっている!いつの間に?

今日は備忘録。

f:id:agaf:20170625105354j:plain

稲、はこのような状況。毎日田んぼの色が少しずつ変わっていきます。

さて、今年も半年が過ぎてしまいましたが、今年の目標はどの程度達成できたか?

10個立てた目標のうち達成できたのはふたつ、9番目の「早寝早起き」と10番目の「考える時間を確保する」でした、、、。

他の八つの目標はなんだったのか?なんて聞かないで、、、神様、、、。もうあたくし、手元にあるものだけで今後の人生を生きていきたいと思っておりますので、、、、

。なーんっつって(古い?)、、、、、。

 

さて、無駄口を聞くのはこのくらいにして、今年上半期の振り返りをしてみたいと思います。

まー、一応達成できたかね、と思っている「早寝早起き」ですがこの目標は2年越しの時間をかけての達成でした。

一年目の目標は「午前様帰宅をしない」で2年目が「早寝早起き」という目標を立ててみました。で、これを達成するために日常の細かい行動を変えて行ったのです。

一年目は具体的な行動に移すことがうまくいかずに11時30分ごろに慌てて、仕事を放り投げて帰っていました。で、まあ、仕事のミスも多いし、あれこれ上司からはお小言が多いし、という状況だったのですが、帰ってすぐに寝る習慣が身について、その日のうちに寝る、多少早く起きることができる状態というのが一年目。

2年目(今年)は仕事の生産性を上げる、というチャレンジ(大げさかな?)をしている最中です。

具体的に何をしているかというと、バーチカルタイプの手帳に仕事の「何の作業をした」と「何分かかったか」を書いて、翌朝、昨日の作業の中で無駄だったことやこのやり方は良い、といったことをまとめる30分間ほどの振り返りをしています。

今まで得た、こうするといいんじゃないか、というコツのようなものは

・25分かけても一つの作業が終わらない時はその作業の方法自体をみなおすこと

というものです。

と、いっても、これは私の場合はそうだ、というコツです。

今年いっぱい、「生産性を上げて、毎日十分な睡眠をとる生活」を探求していきたいです。

 

さて、もう一つ達成しつつあるかなと思う目標が「考える時間を確保する」です。

「考えるとは結論を得る、決める、ことです」というのは私がちきりんさんの本から学んだ最大のことです。でね、私なりに「自分で決めたいこと、決めなきゃいけないこと、それは何か?をわかっていることはいきていく上でとても大切なこと。」と、考えました。

それでですね、私の生活の前提になっていることを整理してみました

・自分で決めたいことは「どこに住むか」と「誰と住むか」のふたつで、この二つはトレードオフの関係である。

この二つの自分で決めたいことのうち、その時、その時でどれか一つは自分で決めたい。具体例をあげれば、今は「どこに住むか」を自分で決めて住んでいるので、まあ、一人で住んでいるのですが、誰と住むか?という事態が発生した時は「その誰さん」が誰であるかにはあまりうるさいことは言わない。(つもりです)

誰と住むかの「誰」を自分で決めた時には「どこに住むか」については妥協しまくりましょう、という考えです。

 

考える時間を確保してみた結果、こんな結論にいたりました。

考える時や難しい!と思う本を読む時はこの部屋にいます。

f:id:agaf:20170624182443j:plain

一般的には、ベランダって呼ばれています。

今の時期はサイコーに過ごしやすいです。

私の大根にも似ている足は順調にこんがり焼けております。

 

またねー。