5周年おめでとうございます

2月の寒さが少し緩んで、黄色い菜の花が畑の中に満開だ。

 

春に向けての準備をしています。

次の季節をどのように過ごすのかを考えながら、家中に在るものを最整理と掃除の真っ最中です。ジミーな作業をコツコツでございます。

 

ジミーな作業のお供に、こちらを見ておりました。

live.nicovideo.jp

 

昨年からゲンロン友の会に入りました。定期的に雑誌が届きます。

こういう ↓ 雑誌です。 

ゲンロン7 ロシア現代思想II

ゲンロン7 ロシア現代思想II

 

正直なところ、特集の記事の内容にはついていけないのですが、タイの作家のフィリピン旅行記や韓国現代思想事情などいくつかとても楽しく読んでいる 連載記事があります。

 

今回のこのカフェ開業5周年記念の放送、後半の質問の時間になってからの「社長・思想家・作家の東浩紀」さんの発言がとても印象的でした。

それについてのいくつかのメモ。

私が覚えるためのメモなので、動画の中でこの通りに発言しているわけではありません。

 

・270分ごろから、理系と文系の学問の違いについて

理系の学問は良くも悪くも対象が自然界なので、人とは関係なく真理の正否の判別ができる。人はどうあれイルカは哺乳類だ、といったたぐいのもの。今ある世界がこうあるのは何故なのかを追求する。この態度は人文系から見ると「現状肯定の保守」に見える。真偽の判定ができるために「議論」も発生しにくい。しかし、同じ理由で理論の積み上げができるので「基礎的なテキスト」が存在する。

一方で、文系には基礎的テキストが存在しない。人文系学問は人と人の集団(社会)を扱うもので、人間がどういうものなのかを追求する。人の心の中にあるものを扱うのでエビデンスが存在せず、理論も積み上がらない。しかし、人文系学問は今ある世界の解明ではなく、今でない世界について考え議論することができる。見えない世界について想像力を使うので「ラジカル」に見える。

アウトリーチについて理系の人の解釈は間違っている。学問の成果を伝える、情報を伝えるだけではいけない。人々の欲望を喚起しなければ「議論」がおきない。月の裏はどうなっているのだろう、ということを人々が議論し始めるようにアウトリーチをやらなければならない。

この文理の差がいつも議論のズレになる。

 

 ・300分ごろから、ハッキングなどなど

(弟子なのかな?中央の男の子に向かって説教しながら)ゲンロン0は朝日新聞で書評すらされない。これの理由はみなさんはわからないかもしれないが柄谷行人が書評委員だからだ。この現実の中で何をやるのか。文学の世界で(場所を得るには)賞を取るくらいしか根拠になるもながない。俺とお前は13歳しか離れていない、今オレは文藝賞の委員だ、お前は13年後に文藝賞の委員をやるための布石を今売っているのか?

ゲンロンで現代日本思想史を企画し講談社から出版したのは、講談社文庫に入った場合近代日本思想の隣に並ぶからだ、これがハッキングだろう。

ハッキングするには体制の中に入っていかなければならない。ゲンロンを書店で販売するにも大手は実績がないので扱ってくれない、今回トランスビューという会社を通して書店で販売することができた。こうやってハッキングして行くのだ。

メールマガジンなどを出しているのも連載(執筆)をするため、これがないと単行本などできない。これからゲンロンで単行本を出すのは人文書の棚をオレが仕切る。これからの人文の重要な出版物はゲンロンからだす、ということをするためだ。

 

面白かった発言ふたつ

・これを実現するためのいやなこともたくさんあるしメチャメチャ頭も下げている、ハッキングだからな、、、、いや、ハッキングが頭下げるかは、わからない、、、。

・俺がこんなことを考えているのを皆わかってないだろう、言ってないからな。

 

 

ゲンロンは出版社としては小さな会社かもしれませんが、「書店の人文書の棚は俺が仕切る。」という明確な旗印があります。そのために書く人も読む人も共に育って行くような場所というか生態系のようなものをつくろうとしているのだ、という理解をしました。

このくらい明確で具体的な旗がないと経営や企業ってできない、と思います。

そしてこのくらい明確にやりたいことがあるのを羨ましく思いました。

社長さんには頑張ってほしいものだ。

 

ええ、部屋の掃除はどうなったのかは気になさらないでください。

 

じゃ、またね。

 

晩冬の日曜日

日本全国寒い一週間だったみたい。沖縄も「冬」の寒さでありました。今年初めてコートを引っ張り出して着てみた。仕事で屋外でのイベントがあったんです。服の裏に貼るカイロまで仕込んで対策したおかげか、風邪もひかず元気な週末を過ごしています。

 

今日は「暖かい冬」の日です。

f:id:agaf:20180128114830j:plain

キーホルダーは大きさの比較のために置きました。

「蛾」だと思います。緑の葉っぱに擬態しているのだけれど、葉の傷んで赤くなるところまでしっかり真似している。

 

自宅近くの池では田植えの準備が始まっていて、稲籾が水に浸かっている。あと二週間くらいで種まきをして、2月の10日前後に田植えが始まる。ひょとしたら、そのあとにこの冬最後の寒波がやってきて「冬の寒さ」と再開するかもしれない。そのあとは、沖縄の短い短い春がやってくるはずです。

 

今日は春を待っている、という日曜日です。

 

じゃ、またねー。

 

同じ船に乗っている

隣の席の同僚、退職後の再雇用の65歳女性、がこの本を持っていたのです。

勝間式 超ロジカル家事

勝間式 超ロジカル家事

 

 正月にちきりん×勝間和代の新春対談を聞いたばかりなので、ノリノリで早速私も借りて読みました。

 

同僚の女性の感想は

「とても論理的なのはよくわかるが、真似しようとは思わない。確かに時間の節約はできるかもしれないが、こんなに電気を使う生活を今の時代にして良いとは思えない。原発だって少なくしていかなければならない(はず)なのに、お金があっても電気の使いずぎはよくないと思う。」

とのことでした。

 

私の読後感想は

「こういうロジックのしっかりした家事観こそ人口の少ない過疎・辺地農村に普及してほしいものだ。皆が複数の役割を持ち、夜の会合が多く、その多くが効率的に進まない会合なので、自分の生活の部分で時間を作り出せるなら、今とはライフスタイルが変わるはず」

というものです。

 

この意見の違う二人が

同じ職場で働いている

と同時に同じ島に住んでいる

ってことは同じ船に乗っている仲間のようなものです

 

村で暮らすとは、こういうことなのだ、と思ったのです

同じような考えを持った人同士で集団を作れるほど人口は多くなく、また違う価値観を持った人同士で仕事も含めた生活圏を作って行くことにも慣れている人はそう多くはありません。

しかし、この環境を生きて行くのです。

 

田舎で暮らすって、スローライフや癒しなどを求めて、なんて、、、そんなもんじゃないですよ。

 

ちなみにこの同僚と私は職場でよくおしゃべりする間柄です

 

本文とは全く関係ないですが、以下の絵本はすごく素敵でした。

船を見にいく

船を見にいく

  • 作者: アントニオ・コック,ルーカ・カインミ,なかのじゅんこ
  • 出版社/メーカー: きじとら出版
  • 発売日: 2016/07/11
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

 島で暮らしはじめてから、船が好きになりました。

 

じゃ、またねー。

 

 

 

 

新成人おめでとう!と、今年もよろしくね

あけましておめでとうございます。昨年末からこのブログをほったらかしにしていましたが、無事にいきております。

昨年の大晦日、今年の元旦と相変わらずの仕事の日々で里帰りすることもままならず、のいつもどおりの「私の正月」でした。

変わったとこといえば、自宅に頼り甲斐のある助っ人が来てくれました。

これ ↓ でございます。

f:id:agaf:20171231093010j:plain

これ、ダイソンの自走式掃除機「360eye」です。つい「ルンバ」と呼んでしまいそうになる。カメラ付きなので、eye、なんですかね?

まあ、頼もしい掃除機君でございます。

 

昨年は「生産性」に関する本を2冊読んで、できそうなことから実行することで

締め切りや時間の約束がない物事にも取り組めるようになりました。

読んだのはこれ ↓ です。

f:id:agaf:20170213210051j:plain

2017年の1月ごろに読んだのです

こんな感じで2017年はどのような年であったか?、などをツラツラと正月仕事の待ち時間に考えておりましたら、TED 日本語、というサイトでとても面白いスピーチを見つけました。長さは15分くらいです。


Inside the mind of a master procrastinator | Tim Urban

このスピーチ、軽い調子で話していますが11分ごろからの分析についてはとっても真面目に話しています。

先に紹介した本も大変良いです。読書が苦手ならこちらの動画をお勧めします。

 

って、誰に?

 

明日の成人のヒトたちの誰かにです。

 

時間はたくさんありますが、無限にあるわけではない。

物事を決めるのに適切な時、というのはあるものなのです。

 

こういうことを20数年前の若かった私にいってもらいたかったな、と思います。

無駄な時間を費やすのが悪いことだと断定はしません、が、今がその時か?はいつも意識していたいな、と思います。

 

年の初めから、何がいいいたいんだか、、、

 

今年もこの調子でやっていきたいと思います。

このブログを読んでくれるみなさま

2018年もよろしくお願いします。

 

じゃ、またねー。

 

2017年の私とは

今年も今日を含めて35日となりました。

、、、早い。

 

今年の目標の達成度と来年をどんな年にしたいかなーってのをダラダラ、ズラズラ並べ立ててみたいと思います。

 

さて、今年の目標について、、、ですが、、、何を目標に立てたのかをよく覚えていない、、、、。

 過去記事を探して、読み返したところ、、、

nicomoco.hatenadiary.com

 

えーっと、ほとんど達成できていません。

9番目の「早寝・早起き」は生活習慣を(まあまあの)朝方に変えることができました。これ、2年がかりでの達成です。一年目は「12時前に帰宅する」というものでした。

読み返しての反省は、やりたいことの具体的なステップを目標として掲げていないのがよろしくないのではないか、と思いました。

ま、これはこれで、すぎてしまったことは良しとしよう。次は達成できるような目標の立て方を工夫しよう、、、きっと、工夫するに違いない、、、うん、、、。

 

さて、では今年はどんな年だったかと言いますと、、、。

出来たこと。

1「生産性」の考え方を理解でき、仕事と私生活で一部ですが実行に移すことができました。

特に仕事においては「キッチンタイマーで一つの作業時間を測る」ということを実行し、出張報告書を書く時間を40分から20分に短縮、ってのができるようになりました。これは嬉しい!

 

2初夏の頃(4月10日)から屋外で過ごす(ベランダを含む)ことができて、全体としてハッピーでした。屋外で過ごしている方が、何をするにも満足度が高い。

 

3お盆に帰省することができ、家族行事に参加した。

甥っ子や姪っ子はとても可愛いです。おばさんとして、一人一人に土産を買って「金で釣る」をやってみたところ、効果抜群でした。

 

4馴染みのない分野の本を読みました。

思想・哲学系の本と政治に関する本を読みました。苦戦しました。

 

できなかったこと。こちらはさっらといきましょう。

準備だけで終わってしまったことは、服と本の整理、映画の上映会の二つ。

読書会と彼氏を作る、なんて目標にしたこと自体を忘れている、、、。

そして、日記を書く時間を確保できなかったのは、、よろしくなかった。自分の気持ちを整理する時間がないと、結果として日常の生産性が下がる、ってのがよろしくない。

 

うーん、さてさて、結局今年ってどんな年で、次の一年はどんな年にしたいのか?

 

今年は「学んだことをやってみた」のが多い年だと思います。特に「本を読んで学んだこと」とやってみた。今年は旅行も行けなかったし、新しい人と知り合う機会も少なく、生活全体は引きこもりがち(変化が少ない)だったので、何冊かの「これはすごい」と思える本との出会いはとても貴重なものでした。

 

で、でね、来年ねぇ〜、、、。

来年のことは、来年になったら考えます、

じゃ、またねー

 

秋が来た

10月の後半の週末は台風がふたつ、続けて来た。

秋になった。

f:id:agaf:20171028121224j:plain

写真は台風の眺めです。

 

台風がさった後は長袖の服を着るようになりました。しかし、昼間の気温は28度です。秋になった、と思います。きっと。

 

5年ぶりに激しい食あたりを起こした。

 

9月の後半から10月の半ばまで週末ごとに大きなイベントがあった。

その中で気がついたことも近いうちに書かなきゃ。

 

明日は島のそとでの祭りに参加する。

 

じゃ、良い週末を!

またねー

 

 

台風が来る、週末。

今週末は選挙らしい。

選挙ドットコム(旧ザ選挙)|日本最大の選挙・政治情報サイト

そして台風も来ます

台風予想進路図(気象庁発表)

というわけで、期日前投票をしました。

 

こちらには、賛同しました。

www.change.org

これは棄権しようって呼びかけではなく、政治的自由がない、という訴えでした。私もそう思います。

 

最高裁判事は票の平等について3倍の差があるのは違うと思いました。

 

台風が来るので、明日は仕事を休みます。

秋冬に向けて家の中を少しばかり整理したいと思っています。

 

今日は独り言でした。

 

またねー