ある休日。

今日は休日です。

f:id:agaf:20170102073022j:plain

二日の朝日です。大晦日から夜も雲が少なく、星空もバッチリな年越し・新年でした。

7時に起きて、近所をウォーキングしました。

f:id:agaf:20170102073925j:plain

水辺を歩きました。

部屋に帰ってからも今日の日差しはサンサンとしていたので、足だけ日光浴しました。

f:id:agaf:20170102105520j:plain

だらだらとウクライナ日記を読んでます。県立図書館から借りています。

f:id:agaf:20170102105623j:plain

2013年の11月21日から2014年4月24日までの日記に著者の序文と池上彰さんのウクライナ入門、訳者のあとがきが付いています。

2014年の1月12日までを読んだところです。

ウクライナはユーロに入るか旧ソビエトの国としてロシアと仲良くするかの政治的選択に迫られていて、明治初期の沖縄みたいだ。

沖縄も明治初期の廃藩置県の時代に中国大陸の清の朝貢国として清に属するか、日本に属するか、あるいは独立か、で意見が分かれた時代があったのです。

 

作家の日記なので、面白い表現も多い。

著者はウクライナのユーロ入りを希望しており、ウクライナがユーロ入りをやめてロシアと貿易協定を結ぶニュースを聞いてがっかりするのですが、その1日がいかに気が滅入る日かを延々と描写した部分で

おまけにテレビでは満面の笑みをたたえた溌剌としたプーチンが映し出され、、、

とあって、確かに、ロシアと対立している国の人にとっては、プーチンが元気溌剌としし、加えて下戸なのでロシア人にしては長生きするだろうということは気を滅入らせるに違いないと思い、笑ってしまった。

 

そのほかにも政治家が三つの頭のドラゴンだったら、というたとえ話や国民の声を聞く気のない首相に新しい脳みそを進呈しよう、などが面白いと思った。

 

家の外はそんな状況でも、著者は3人の子供の父親でもあり、家族を休暇に連れて行ったり、年老いた両親の家に行ったりなどの日常が続いています。

 

と、そんなこんなを読んでいるうちに、冬の日向でうたた寝。

 

あー、休日。

 

では、またねー。

f:id:agaf:20160727165731j:plain

 

続けてきたこと

あけましておめでとうございます

 

今日も仕事の日。8時前には帰宅できました。久しぶりに暖かい正月で、昼間は長袖シャツ一枚で十分でした。

 

手帳を新しいものに取り替えました。今年もほぼ日手帳を使う予定です。a5サイズのカズンと呼ばれるタイプの分冊版(半年分づつの手帳)の上半期の手帳に5年前に購入した外側がブルーで内側がみどりのカバーをかけました。

これから一年間のお付き合いをする手帳です。

どんなことが書かれていくのか、これから楽しみです。

 

子供の頃に読んだ「アンネの日記」に影響されて、断続的に日記を書いてきました。中断していた時期は、机がなかったり、そもそもノートとペンを用意することができなかったりという具合で、その厳しい時代に自分がなにを考えていたかを知ることができないのは、ちょっとだけ後悔しています。

 

このブログを始めてからも、並行して紙の日記は書き続けています。毎日じゃありませんが。

ただ、このブログを始めてからは日記はきちんとした文章というよりもメモ的になりました。

 

根性なしの私が途切れ途切れながらも続けてきた数少ないことの一つが日記を書くこと、です。

 

今年も続けていくのかな?

 

今年もよろしくお願いいたします

 

またねー

 

ポピュリズムと愛と真実

今日は仕事の日。暖かい大晦日で、午後8時だというのに子供達は半袖姿で遊びまわっていた。

 

2016年が終わり、また、新しい年がやってくる。2017年は平成29年で酉年だ。

 

今年はラジオ番組をたくさん聞いた年でした。話し言葉をたくさん聞いた年、とも言えます。

 

「人が聞きたい話をする」のはサギ師の言葉であって、決して愛の言葉ではない。

真実の言葉は耳が痛い話になるかもしれないが、愛に反する言葉ではないはずです。また、真実の話は時に「真っ赤なウソ」ととても似ている時があります。

耳の痛くなる話をシンプルな言葉で話すこと。これができるようになったらいいなと思う。

 

なにが言いたいのか、自分でもよくわかりません。

 

みなさん、来年もお互いに良い時間を過ごしましょう。

またねー。

鬼も笑ってくれるかな、来年の計画。

今週のお題「2017年にやりたいこと」

思いついた順に書いています。優先順位は関係ありません

 

1 地元で、映画の上映会

近所の人と話していて気がついた事にエンターテイメント系のお出かけ先がないことが島で暮らしていて不便に感じていることの一つだということがありました。

海や山がとても美しい島ですが、それをすべての人がエンターテイメントとして楽しめるわけでもないのは、私も理解できました。

もう一つ、年頃の女の子たちの外出をエンジョイしたい気持ちもよくわかります。

プロジェクターさえ調達できれば実現できそうなので、1回でもいいから開催してみたいと思います。

 

2 書籍・雑誌類の処分

2016年は服の処分をしたので、次は書籍・雑誌の類の整理をしたいと思います。

 

3 読書会の開催

今年あった嬉しい出来事の一つは、友人に「ちきりん読者」ができたこと。その彼女と会う約束をしていた日にたまたま書店で新著を買って持ち歩いていたのを

「今日、これ買ったんだよ」

と見せたら、彼女が興味津々だったので、そのまま誕生日プレゼントとして彼女の元へ。紙の本のいいところって、こうやって人にあげることができることなんですね。彼女の方は早速勤めている会社の後輩に「通勤時間の非生産性」をとくとくと言い聞かせているとのこと。ノリのいい友人で、本当に楽しい人です。

次に会う時にお互いの感想を交換するのが楽しみ。こういった読書友達をあと二人増やしたい。

 

4 保留しているひふみ投信への参加

今年の初めに資料を取り寄せたのですが、ほったらかしになっている。

 

5 一人がけのソファーの購入

寝るほどではないが、10分でいいので目を閉じて休みたい時に使いたい。横になってしまうと2時間くらい平気で寝てしまうので。

 

6 彼氏をつくる

結婚は視野に入れていませんが、彼氏を作ろう、と思いました。どうやって?はわかりません。

 

うー、ネタ切れ、だが、ここまで書いたらキリのいい数字までやりたいことリストを作りたくなってきた。

 

7 服の記録を作る

今の私の服の好みを記録する。年齢によって変化するのかしら?

 

8 一日に1食は自宅で食べる

3食・外食しているので驚かれています。

 

9 早寝早起き

小学生の目標みたいになってきました。ベッドでグズグズする時間にもう少し幸せな気分でいたい。寝不足だと、ついこの世の中を呪ってしまう(大げさな表現です)ので、やめたい。これ、2016年の目標だったな。午前様帰宅はしない、ってやつね。

 

10 考える時間を確保する

自分の考えを持っている人の方が面白い。自分もそうありたいと思いました。

 

おー、なんとか数を合わせることができました。

 

今年も残すところあと一日。

良い日を過ごして、一年を締めくくりましょう。

 

またねー。

 

 

飛び石休暇

今日から年末休みに入りました。31日と1日が仕事でそのあと二日間の正月休みがあります。

休みに入る前に読んだ本の影響で、休日の過ごし方もどうすれば、満足のいく休暇になるのかを意識しています。

仕事をする上では「効率」や「効果」を意識していましたが、生活を整える作業、家事をするときはせめて「効率」「効果」などの考え方からは逃れたいものだと思い、特に家事の手順などを見直すようなことはしていませんでした。

そういう状況だったのですが、この考え方では私の望んでいるライフスタイルを実現するには全くの不向き、間違えていることがはっきりわかった。

好きではないがやらなくてはならない家事を生活の中でどのように位置づけるかが私の生活面での生産性の向上のポイントとなると思っています。

 

休日にやりたいこと

1ブログを書くこと

2ブログとは別の紙の日記を書くこと(紙にペンで文字を書きたい)

3部屋を好みの花や植物で飾ること

4読書や音楽を聴いたり、映画を見たりなど(冬の寒い日の場合)

 

好きではないがやらなくてはならない家事

ダンボール類のゴミ捨て

 

・食器洗い

 

・読み散らかした書籍の片付け

 

好きだが、集中できるのは1時間が限界な家事

・アイロンを含めた服の手入れ(洗濯)

 

・床の掃き掃除

 

・料理

 

休日の気分転換方法

・昼寝

 

・散歩(ドライブ)

 

・昼酒

 

・お茶を飲む

 

今日は集中力の高い午前中に紙の日記を書き、午後に外出の予定と合わせて昼ごはんの調達。その後服を畳んだりアイロンしたりと、ここで気力が失われ、昼寝。起きてからぼーっとしている間に3時を過ぎてしまい、お茶を飲む。

ダンボールの片付けをする気がどうしても起きないので明日の掃除に必要な道具類を買いに出かける。

帰ってきてからは、ブログ書き。

 

やりたいことを優先している生活なので、不満は少ないです。しかし、満足のいく生活かと言われたら、、、多少のためらいがあります。

部屋がカオスです。

 

うーむ。

今日のところは私の持っているもので希少な資源は「気力・やる気が保てる時間」でした。

 

 

 

 

 

 

里帰りのメモ

12月なのに、暖かい日が続く。風は冷たいが太陽がさんさんとして、車中は温室のようになる。

 

この三連休に世間並みに休暇が取れたので、里帰りをした。

親に会うためだけに時間を使ったのは今年はこの週末だけだ。

 

母が78歳にして再就職をするとのことで、驚く。母は薬剤師だが長い間耳鼻科の薬の処方が主な薬局で働いていて、道路拡張のための閉店に伴って退職。甲状腺が主の薬局から声がかかり、今は研修に通っている。まさか、夜中に酒飲んじゃいないだろうね?

 

直前に読んだ生産性に関する本で、消費のスタイルに関して「自分がどういうお金の使い方をしたら望んでいるものが手に入りやすいか考えましょう」とあって、その言葉を意識しながら買い物に行く。これは二日目。

私の場合、実店舗で買い物する時には販売員のお姉さんとおしゃべりするのが自分の考え(何を買うか)をまとめる時間になっていて、そこに辛抱強く付き合ってくれる人とは相性が良い。予算の相談もしたので、買いすぎも防げた。今回のところは。

 

友人との食事に1日目のランチの1時間程度使う。友人ファミリーとの食事でお店を選んでくれたのは彼女んほうだが、これが、大正解。楽しかった。お土産を食事代くらいの金額で持って行ってよかった。

 

両日とも夕食は両親と自宅で食べる。父とビールを飲みながら、つまみつまみ、たべたべ、のみのみ、と行った感じでだらだらと食べる。テレビを見ながらあれこれ喋りつつ。

私がおばあちゃんの形見の指輪をしているのを見て、母が高齢の従兄弟からもらたという指輪をくれた。60年ほど前に南米に移民した親戚達の一人からもらったものだそう。

名前はたまこ、というそうだ。

 

Eテレの番組でボクシング選手が「僕は心が弱いから本を読んで、言葉が必要なのだ」という発言に、親子共々感激して黙って見続ける。

 

「親の役割はもうやめたい」との母の発言に、だらしない生活をしていることが後ろめたかった。

 

お父さんは私が持って行ったお小遣いでご機嫌になった。よかった。

 

こんな感じで時に何もない休日を実家で過ごした。

 

今年もあとわずかだが、良い年として終わりたい。

明日から仕事だ。

 

またねー

 

 

 

2017年の目標、もっと明確に!

前回のエントリで私は目標の設定が下手だ、ということを書きました。

 

nicomoco.hatenadiary.com

 

その理由の一つが「明確なゴールを設定していない」だと今日、自覚しました。この本を読んだからです。

 

 

ちきりんさんの説明は、はてなサービスを使っている人には不要かもしれませんが、念のため「お面で旅する社会派ブロガー」です。(ご本人の公式肩書きは「社会派ブロガー」です。お面 と 旅する、は私が認識しているchikirinの日記のチャームです。)

 

で、ですね、この本は「(高)生産性」という考え方(コンセプト)をすごく丁寧に説明しています。また、これからの社会で「(高)生産性」のコンセプトを理解することがいかに大切かを解説し、実際の生産性の高め方を4パータン紹介しています。

高生産性とは

大雑把にいうと「少ないインプットでより多くのアウトプットを手に入れること」

より丁寧な言葉で言いなおすと

「あなたが今、手に入れたいもの・生活(アウトプット)を少ない資源(インプット)で手に入れること」

です。

この「あなたが今、手に入れたいもの・生活」が違っているとそれに適した入手方法も違いますよ、というのがこの本の中のメッセージで、一番、、えー、なんと言いましょうか、、、こころにこたえた、と言いますか、、まあ、ずしりと来たのです。

「あなたが今、手に入れたいもの・生活」=「ゴールの設定」が明確でないと適切な方法もわかりませんよ、というメッセージはちきりんさんの他の著作にもありまして、

自分のアタマで考えよう

の第1章で、「決めるプロセス」を話し合わないと結論は出ません、ということが書かれています。私はこの「意思決定のプロセス」が未だに理解できません。実例としてあげられている洋服の購入決定プロセスなどは理解できるのですが、実際に使ってみようとすると、その途端にどのようにすれは良いのか分からなくなります。

この「意思決定のプロセス」を話し合うとは、「ゴールの設定」を決めることだと思いました。

 

それで、私は、この「ゴールの設定」を決めるのが下手である、ということが理解できました。

私は、言語化するのが苦手と言いますか、話し合いながら自分の考えを自分で理解するタイプなので、話す相手がいない、あるいは適切でない時には「ゴールの設定」がうまくいきません。

 

と、いうことは、、、

私の目標は「ゴール設定」を話し合う適切な相手を得る、もしくは

「ゴール設定」のプロセスを習得する

ことです。

 

生活面では自分で納得できる見栄えを保っていることが気分の上下を抑え、リラックスし、集中して物事に取り組める環境要因の一つだ、というところまでは把握しています。

つまり、私が求めているのは「リラックスして、集中力を持って物事に取り組みたい」という、ごくごく真面目な要求です。ここが「ゴール」

この外見を整える作業を平日はシャワーを浴びる時間を含めて、30分で行う。

平日の5日間×30分=150分で2時間30分

ここに、アイロンがけまで含める。

休日は朝、洗濯機を回している間だけ「新しい組み合わせのフィッティング」をする。

それが終わったら、集中力のある時間帯にこのエントリの文章書きをする。

 

仕事時間の総量は定時に収める。

その仕事に今までやっていない

「施設管理作業」「マネジメント業務」

を含める。

仕事の総量を増やし、時間を減らすことで、何が大切か?を実践を通して理解すること。

 

こんな感じになりました。

 

そんじゃ、またねー。