あらゆる方向から選択される、市場化ってそういうことか

クライアントを選ぶと言うことは、「市場を選択」していたことなのか?

 

若かりし頃、建築設計事務所で1年間だけアルバイトしていました。そのときの所長(建築家)「クライアントは選ばなければならない」という発言の意味が当時何の事やら分かりませんでした。

 

今日、ちきりんさんのエントリを読んで

クライアントを選ぶ=自分の設計(デザイン)に価値を認めてくれる人と仕事をする、という意味だと、やっと気がついた。

 

社会人20年目にして、新人の頃のボスの言葉をやっと理解することができました。当時のボス、こんなに物わかり悪くて、ごめんね。

 

逆に言えば、今、私が仕事を発注している業者のみなさんも、私のことをあれこれ判断しているわけだ。うーん、、、。

 

社長の信じている価値観を共感できなかったり、信じられない場合、つとめが長続きしないことは経験上「そういうもんだよねー」と思っていましたが、顧客とも信じている価値がちがうと、うまくいかないもんだ。

 

その価値観をそろえるために、社内では訓示やら何やらを話す時間が設けられているわけで。建築家が建築論を執筆するのも外部に向かっての価値観の表明なのね。

 

40代、ヘタレ勤め人の気づきでした。

またねー。