この国に必要な10人の池上彰

最近、あ、そうか!と思ったこと、忘れないようにメモです。

www.yomiuri.co.jp

これ ↑ です。あと、これ ↓ も。この交渉、今年は5年に1回見直しの年だったのです。

jp.reuters.com

 

何が「あ、そうか!」だったかというと。

何で、今、日米関係強化(安保法改正)なのか?という疑問がありました。外交の基本的方針が日米関係を基軸とするのは理解できるのですが、「なんで、今、強化するの?」が分からなかったのですが、上記のニュースを見る限り、

「そうか、お金の交渉をしたかったのね。アメリカに譲歩してもらう材料が必要だったのだ。」

と考えました。

日米関係強化≒平和安全法制(安保法制)についてはこちら ↓ です。

http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/pdf/gaiyou-heiwaanzenhousei.pdf

防衛省のHPはこっち ↓ 。

http://www.mod.go.jp/j/approach/anpo/shishin/

 

これらの法整備、国防のみならず財政の問題もあるなら

お金の問題もあるのです、って最初っから言ってよ~

というのが普通の人の実感ではないでしょうか?違うのかな?お金は問題解決の決め手にはならないけれど、考慮はするでしょ。

blogos.com

反対するにしても、問題の認識(違憲問題か税制問題か)が違っていたら、話し合いにもならないじゃないですか。

それとも、はぐらかしたかったのでしょうか?

憲法改正の問題だけではないなら別の議論の切り口もあるはずです。

 

うーん、今回は「なぜ、今、日米(軍事)関係強化、なのか?」は分かったのですが、平和安全法制の成立時に財政負担について報道がなかったのか?

については、なんで?、、、と、新たに分からないことがでてきました。

私が成長しているのか、単にバカなのが発覚しただけなのか?ま、どっちでもいいのか。

 

政治は超グレーゾーンをのろのろと進んでいくのが、現実なのだ。と認識できたのでこれで良しとしよう。

しかし、財政問題(思いやり予算)について報道がなかったこと、本当に無関係だからなのか、関係はあっても報道価値が低かったのか、報道規制があったのか、どれであったにせよ、なんだろう、、、、ほんとうに日本の報道機関ってリテラシーの低い人に合わせた報道をしないよね、、、、高校生くらいに分かるような報道がないと、社会人でも自分の専門分野以外の知識ってそんなに持っていないんだよね、、、、できれば、中学2年生くらいの知識量に合わせて記事なり、レポートなり、書いてくれるとありがたいのですが、、、。

もうやめよう、バカのひがみみたいになってしまった。

 

うー、、、とりあえず、(文句を)いいたいことは

思いやり予算削減、日米交渉のニュースについても平和安全法制と同じくらいに大きく報道して欲しい。

そして、いくら社会問題や政治的に大きな話題だからといって、前提となっている問題を解説しないまま報道するのは不親切すぎる。

の二つです。

NHKの週間こどもニュースがなくなって、一気にニュースリテラシーが低下してしまった私です。この国には池上彰があと10人くらい必要だ、それぞれの専門分野で、と思いました。

普通に生活するにあたって、必要な専門分野ってのは、たとえば、、、。えー、次回考えます、、、。

 

愚痴を言っていたら、やたらにお腹がすいてきた、、。ひとまず、お茶でも飲んで気を静めます。

 

またねー。