読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんまリストになりたいな(希望)

つれづれ

12月になりました。2015年もあと31日で終わります。だからといって何が変わるわけではありませんが、来年も良い時間を多く過ごせるように、のろのろ考えていきたいと思います。

良い時間とは私にとってどのような時間かと言えば、その時間、その時間の目標を達成できることだと考えています。

仕事の時間は仕事で達成したいことを、プライベートな時間は十分に休息し(寝る・遊ぶ)、やりたいと思っている二つのことをやることです。

やりたいと思っている二つのこととは、

・経済学の基礎的知識の習得

1年かけて、5冊程度の本(新書レベル)を読み、その本を読んで考えたことを使ってみること。読書量はもっと少なくてもいいかもしれません。最大5冊って事、としましょう。

・「衣」の家事を上手くまわして、住環境を改善すること

目標とする環境は、「朝、その日着る服に迷わないこと。」と衣服の総量を減らすことです。その上で家事のルーティンを作りたい。

 

優先順位としては

1.プライベートな時間で十分な休息を取ること

2.仕事の生産性を上げて、午前様帰宅をやめること

3.「衣」の家事のプロセスを分析し、どのプロセスに手間(時間)をかけると効果が大きいかを実際に確かめること

4.経済学の読書の1冊目は決めてあるので、最低限その1冊は読み通し、サマリーを作るか、何かしらのアウトプットをすること

5.上記の3と4についておしゃべりできる友人を探すこと(リアルな場所で)

といったところでしょうか。

 

これらのことを実行する上で、近藤麻理恵さんの「人生がときめく片付けの魔法」を参考にしようと思い、本棚を探したのですが1ヶ月以上も見つからず、先日、やっと未読本の中に紛れているのを見つけました。もう、私の片付け能力がどのくらいのものかはおわかりになるでしょう。

そう、私はものを捨てられない上、片付けられないという最低の組み合わせの性質を持つ人なのです。

 

先述の5つに加えて、こんまリストになること、も達成できるでしょうか?

目標が高すぎるような気がする、、、。

 

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

 

が、この方法、片付け始める前に「どのような暮らしがしたいか」を考えなさい、と目標設定をさせるとてもロジカルな方法を勧めているのです。

また、片付けは人生を生きるための方法の一つであり、それが目的でないこと、片付けが終わった後から人生が始まることなど、あくまでも目的は良い人生を送ることに設定されていることも、とても好感が持てます。

 

つまり、こんまリストになりたいのです。

 

「衣」の家事をこんまりメゾットを使って組み立てていけば、こんまリストかつ自分のやりたいことが両立できるのかしら?

 

ま、やってみます。

 

賢くない人はやってみてから考えた方が結論が早く出ることは、40年あまりの自分とのつきあいで、つくづくとわかったことです。

ぐだぐだ言わずに、やります。はい。

 

具体的なプランや結果はまた後日。

 

またねー。