読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すいません、酔ってます。

世間では今晩、サンタクロースって人が夜中に人ん家に不法侵入するのかしら?

 

独身のひがみはここで終わりにしましょう。

 

さて、、、。

 

クリスマスの思い出。何かあるかな?とアルコールの入った不明瞭な頭脳で記憶の、蜘蛛の糸より細いシナプスを稼働させています。

 

うー、、、、。小学校2年生まで「クリスマスの存在を知らなかった」という事実を山下達郎のクリスマスイブ・ライブバージョンがラジオから流れているのを聞きながらやっとこさ思い出しました。

 

ふん、、、。

 

私は女二人、男二人の四人兄弟の末っ子です。聞くところによると、一番上の姉の時代にはサンタクロース来ていたようです。

 

ふん、、、。

 

一番上と私は6歳違いですが、、、。6年間のうちに、サンタクロースの事情が変わったのでしょう、私はサンタクロースから何かをもらったことはありません。

 

ってことよりも、「クリスマス」の存在自体を知りませんでした。

 

それで、良かったことがあるか?

 

ありますとも!

 

カードをもらっただけでも

 

うれしい!

 

という、大変安上がりな人になりました。

 

では、メリークリスマス

 

またねー。