読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年のプライベート

つれづれ

国内ニュース、外国ニュース、のメモに引き続いて、プライベートな新しかったこと、をメモをしたいと思います。このブログ自体が、ダラダラとしたメモみたいなものですが、自分の考えをまとめるために書いているので、繰り返しを恐れずに、いきたいと思います。

 

・老眼鏡が快適

ちょっとした思いつきで作りましたが、これが、快適、、、。ブログを書くのも辛くなくなったし、大好きな新聞を読む習慣も戻ってきました。ただ、周りの人は「老眼鏡」という言葉に大変微妙な反応でした。

作るかどうか、迷っている人は、今の眼鏡はとても安い。作るべきです。

 

MacBookを買ったら、大変快適

あんたには快適なことしかないのか、と聞かれてしまうと、そうなんです。基本的に自分の住んでいる環境を快適にしていくこと、それが「家事」。と、考えていますので。

ブログを書きやすくなって、自分が何を考えているのかを言葉に置き換えて整理すること、が面倒な作業ではなくなったこと。写真整理が楽になりました。

それに加えて、私にとってはとても大切なこと、ものとしてルックスが良いこと、手で触れた時の感触が良いこと、など、割高な買い物ではなりましたが、満足しています。

クレジットの請求は恐ろしいけど、分不相応とまではいかない買い物だと思いました。

 

・両親が仕送りを素直に受け取るようになりました

今まで、お金はなかなか受け取らなかったのですが、今年に入ってから、喜んで受け取るようになりました。これも、嬉しかったことです。親が年取っちゃった、という寂しい気持ちも少しはあります。

 

・全く知識が足りない分野が見つかりました、経済学です。

今までは、だいたい大学時代に身につけた知識で仕事をすることができましたが、仕事上の立場が変わり、周りの人が呪文を唱えているように感じられ、いったい私に不足しているのはなんなんだ?という状況から一歩前進。私には会計を含めた経済学の知識が全く身についていないことがわかりました。

 

・衣食住の中でもっともこだわっているのが「衣」だとわかったこと

これは長岡旅行に行った際に気がつきました。会田誠さんの個展を見に行く旅行しました。食事にも宿にもこだわらず、個展を見ることに集中しよう、って計画なはずでしたが、出かける前に、あーじゃない、こーじゃない、と服をとっかえひっかえ。時間の限られている旅行中だというのに、どこまで馬鹿なのだ!と。今後は馬鹿に徹したいと思いました。

 

・時間が限ららているのにやりたいことが「本を読みたい」だった

これも旅行で気がついたこと、隙間をぬって、新しい本を読みました。これはいいんだか悪いんだか、わからない。本を読むって、インプットの作業なので、社会人で多読な人ってちょっと微妙なんですよね。うーん、これについては判断保留。

 

・新潟って長い。そして日本海の海岸線も素敵だった。

ローカル線で移動したので、新潟の長さを体感しました。そして、海岸線が素敵だった。私が普段見慣れている海とは違うけれど、十分綺麗だし、浜が長いのはいいな、と感じました。沖縄ってやっぱり小さい島なのだ、と体験として理解できました。

 

プライベートではこんな感じです。他にもありそうだけれど、一時間で思い出せる範囲はここまで。

 

振り返ると、旅行で気がついたことが多いですね。あとはものを買い換えたら、快適になった。環境を変えると気がつくことが増える、ってのが結論でしょうか。

 

独り住いで、中年で、ってなると意識的に環境を変えていかなければ、身の回りに変化が起きません。変化が大きすぎると、これまた大変なのですが、変わらないと気づきもなく、したがって成長もないってことなのでしょう。きっと。

 

えーっと、一応、結論めいたことを書いておこう。

 

独身で中年、って人は自分から働きかけないと身辺に変化が起きません。変化がないと、気づきが少なく、したがって成長の機会が少なくなります。「成長」を大切にするのであれば、変化が起きる環境に行くか、環境を変化させるかをしなければなりません。

 

何のために成長するかって?そりゃ、あなた、「生き延びるため」ですよ。その程度の成長で十分です。

 

またねー。