読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少数者のためにもフェアーな社会

昨年末に夫婦別姓訴訟がありました。

<夫婦別姓訴訟>なぜ5人の判事は「違憲」と判断したのか? 最高裁が判決文を公開 - 弁護士ドットコム

民法の夫婦は同じ名字を名乗ることを

憲法13条:すべての国民の個人の尊重の保証

憲法14条:すべての国民の法の下の平等の保証

憲法24条:すべての国民の婚姻関係における両者の合意と同等の権利の保証 

に違反している、という損害賠償の裁判でした。

憲法の要約の内容は私・南京錠によるものです。解釈が一般とは違っている可能性があります。)

 

ここで、お話を少し迂回したいのですが、はるか20年以上前の話です

 

学生の時に授業で学んで今でも覚えている数少ないことの一つに

「法律というのは弱い立場にある人を守るためにつくられるのです」

という言葉があります。

実習授業ではなく座学の授業で感銘を受けることは少なく、このセリフの後の言葉がとても強烈だったのです。先生はおっしゃいました

「この社会で弱い立場とは、女・子供・老人です。」

 

ふーん、、、。(日本社会で女に生まれただけで、一生を弱い立場で生きていかなきゃいけないのかよ、ふざけてんじゃねーよ)

 

、、、ここで、現世に帰ってきましょう、、、

先生、心の中でののしってすいません、、でした、、。

 

今回は若い時には全く気がつかなかったことがありました。

 

社会的に弱い立場って

少数者のことなんじゃないの?

 

実例を出すと、例えばこの人 ↓ 現ドイツ首相

http://free-images.gatag.net/images/l201107140600.jpg

アンゲラ・メルケル - Wikipedia

一国の首相が弱者なのだというと違和感があるかもしれませんが、女性の政治家で一国の首相を務めた人というのは、ごく少数者です。

ウィキによれば、メルケルという名字、学生時代に結婚した最初の夫の姓です。

で、↑ この人がですよ

例えばこの人 ↓ みたいに

http://blog-imgs-63.fc2.com/f/r/e/frenchcodeblog01/sarko_20140324010742b11.jpg

ニコラ・サルコジ - Wikipedia

国の代表を務めている間に離婚して再婚して

 

夫の姓、例えば「ケネディー」に変えた場合

(あくまでも思考実験のための仮説ですよ)

 

仮説1:政府がリリースするすべての出版物に「メルケル首相」を「ケネディー首相(旧姓:メルケル)」と表記する。

これは、いくら一国の首相とはいえ、政治に無関心な国民なぞはどこにでもいます。そして、そういった無関心層にも「投票」はして欲しいので、旧姓のメルケル表記は必須だと考えました。

政治家も選挙に勝たないとなんの仕事もないので、名前を覚えてもらうのはとても大切なことだと思います。

選挙期間だけ、ケネディーにふり仮名で「めるける」とか書いちゃったりするのかしら?

  め る け る 

ケネディ

 

いや、ここで、やめときましょう

 

他には、この人の離婚騒動の時、

http://s.eximg.jp/exnews/feed/Directvanqex_btynavi/Directvanqex_btynavi_news_1yBcZOFgs_1_s.jpg

ヴィクトリア・ベッカム - Wikipedia

果たして、ベッカムという名字を使い続けるかどうかに、とても(下世話な)興味を持っていました。

スパイス・ガールズ時代も有名でしたが、当時は夫であるデビット・ベッカムの世界的な知名度とは比べ物になりませんでしたし、ソロデビューのアルバムは「ヴィクトリア・ベッカム」だし、自分のファッションブランドにも確か「ベッカム」を使っています。ちゃっかり商標登録なんかしてたりして。

その後、めでたくも、離婚はなし!ということになり、私の下世話な興味が満たされることはありませんでした。

 

つまり、

個人名を看板として使っている人で、(メルケル、ビクトリア両人)

しかも、

パスポートの名前と通称名が違っているとまずい人メルケル

結婚・離婚が、看板(ビジネス)に影響しないことってとても大事なんじゃないのかしら、と思いました。

 

そして、女性でこの二つの条件で仕事している人ってとても少ない。

個人名が看板になる職業の代表として、芸能関係や美術家、音楽家などの個人芸(っていうのかな?)で食べている人たちがいますが、芸能関係は本名を使わなくても不自然じゃありませんし、美術家も雅号もありますし、近年ではバンクシーのような人も認められています。

バンクシー - Wikipedia

 

うーーーん。

つまりね、夫婦別姓が制度化されないと、とても困る人って日本ではすごく少ないのではないでしょうか?

日本の場合は政治家は選挙時に通称名を使用することが認められていますしね。

個人の名前で仕事をしていて、本名じゃないとまずい職業って、私には大学教授とか研究所の研究者くらいしか、思いつかなかった。

 

小保方晴子 - Wikipedia

論文って、本名で書く決まりがあったと思います。

(事例が不適切ですが、この人以外に思いつかなかったので)

 

あ、そうか、

日本の場合って

結婚自体が個人的なことでなく

ビジネスなのかな?

 

どうなの?

 

あ、時間切れです

 

またねー