読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間ってどんな動物なんだろう、ってのが興味の中心にありまして。

20歳の男の子が「女の子にもてたくて」という動機で何かを始めるのはとても自然なことだと思う。

同じことを50歳がやったら、びっくりするけれど。

でも「女の子にもてたい」という動機を50歳の人が持つこと自体を非難することは、私はできません。きっと、その動機に理解も共感もしないと思うのですが、非難することはできない。

実際にそういうことを言う(する)50歳が身近にいるわけではありませんので、想像するだけですが、実際目の当たりにすると「生活と両立するんだろうか?」と不安な気持ちが先になりそうです。

 

非難するより、私にできることは何なのかを考える方が好き。

 

20歳の男の子に何か話すとしたら

「どんなにニッチな分野でも良いので、その分野で一番になるように。そうすれば、かっこよく見えるから」

「女の子にチヤホヤされるのと、好きな女の子と付き合うことは別のことですよ」

といった、二つのことでしょうか。

 

50歳がそんなことを言い出したら、どういうつもりかを根掘り葉掘り聞いでしましそうです。おそらくその方が面白いと思うんですよねぇ。50歳で「女の子にもてたい」って(シャレでなく)本気で考えているひとって、、、まぁ、、なんといいますか、、、ふつうじゃない、、ですよねぇ、、、。その人の話を聞く方が断然面白そう。

 

非難したり、糾弾したりすることがあまり好きではないのは、人間の面白さに触れる機会を失ってしまうから。

 

私は、正しい世の中より面白い世の中の方が好きなんだと思いました。

 

またねー。