読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚・女子・関白

新著を楽しみにしていた北条かやさんが二つの著作を出版されました

本当は結婚したくないのだ症候群

本当は結婚したくないのだ症候群

 

うーん「結婚」って私にとっては時期を逃してしまったものなんだよなー

こじらせ女子の日常

こじらせ女子の日常

 

「こじらせる」もよくわからない。生理不順とはきっと無関係だと思う。

 

前著は整形をする女の子たちをレポートし、とても読ませる内容だったんで、これも読みたいんだけど、時間はないし、2冊買うのは厳しいなー

などなど、結婚や女子とかいう言葉のまわりをウロウロとしていた時に、ラジオでカバー曲特集をしており、曲が

「関白宣言」

まともに聞いたことないよなー、と思って

よくよく聞いてみましたら

 

若い人のストレートな声であの歌詞を聴くと、あまりにひどい言い分に

その時持っていたコーヒーポットとカップを落としてしましました

(コーヒーで床を拭いた、久しぶりに掃除しました)

 

オリジナルはこちら


関白宣言

この曲って、さだまさしさんが歌うから、ギャグになっているんだな、ってのがよくわかりました。 

 

あらためて「関白宣言」を検索してみますと1979年(昭和54年)のヒット曲です

1979年間シングルヒットチャートTop100【PRiVATE LiFE】年間ランキング

ちなみに1972年(昭和47年)は婚姻数が一番多い年で、100万人超

結果の概要|厚生労働省

この時代、結婚適齢期の人口が多かったんですね、団塊の世代と呼ばれる人たちです。この後すぐにbaby boomで団塊ジュニアが生まれてきます。

 

あ、今日はだからなんだ、って言いたいことはないんですが

 

面白いな、って

 

またねー。