読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今が一番官能的です

つれづれ 自然

今週のお題「植物大好き」

植物は好きだけれど、まめに育てる根性がありません。そういう人は「植物が好き」とは言ってはいけない気もしますが、私のような根性無しでも植物が楽しめる環境に引っ越せたことはとてもラッキーでした。

 

植物が好きな人にとっては1月から梅雨の時期までの沖縄の山野がもっとも楽しい季節です。

f:id:agaf:20160513142254j:plain

緑と青と青。

この時期は香りの強い花も多く、本当に屋外にいることが幸せな季節です。

 

一方で、こんなところの根を張ってしまう植物もいます。

f:id:agaf:20160513105323j:plain

こういう植物も大好きだ。「須田植物」と勝手に命名し、写真撮影による採集をしています。

須田の語源はこちらです。

www.kanazawa21.jp


現代美術作家 須田悦弘の制作風景

 

このような、原っぱに咲いている草もとても好きです。安上がりなものが好きです。

f:id:agaf:20160425185510j:plain

 

その一方で、人工的作られているこんな花束も大好き。

f:id:agaf:20160429170001j:plain

赤のカーネーションと黄色のバラとマーガレットで3千円なり。

バラは日持ちが悪いので、普段は買いません。カーネーションで黄色と赤の組み合わせで花束を作ってもらうのですが、母の日が近かったせいか、カーネーションが品薄でした。

 

田舎の素朴な女の子から都会の手の行き届いた美人まで、女とあらば全てに手を出してしまう女好きのように、花を咲かせる植物をそのとき外時で愛でるのが私の植物との付き合い方。

 

屋外の山野が特にこの時期、白い花が多く、また香りが強いので、太陽が傾いて少し薄暗くなった頃に、ぼぅと白い花が浮かび、そこに甘い甘い香りが漂うのは、ほんとうに官能的だ。

 

またねー