読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある中年女の告白・その2

あ、はい、はい、これで概ねの作業は終了です。3月末日には納品できますので。えぇ、大変お世話になりまして、ありがと、、、えーっつと、これから?

あぁ、その続きの話ですか、、、。まあ、まあ、えぇ、時間はありますけどねぇ。

 

そうですねぇ。子供ですか。

まぁ、5年くらい前までははっきり「子供産む気がない」ってことは言えませんでしたね。今でも女性の上司にはこの話はできません。んんー、男性でも60歳以上の人とこの手の話になったら「はい」以外の発言はしませんよ。そんな、、、。

 

、、、んー。子供が嫌いってわけではないので、え、まあ、小学生相手の絵本の読み聞かせ会とかは楽しいですよ。姪や甥っ子たちは可愛いですし。

えぇ、そうです。姉がおります。これがまた、妹使いの荒い人でしてねぇ、、、人として鍛えられましたよ。

 

あ、はい、姉にこき使われたことは、別の話ですね。上司と話をしない理由、、、ですか?それは、まぁ、仕事とは関係がないからですよ。えぇ、そうですね、その点については一方的に言われっぱなしです。そこは考え方が全く違うので、理解してもらいたいとは思ってないですよー、そこまでずうずうしく、、できません。

 

うーん、結婚したり子供を持ったりは、えぇ、確かに社会的な面がないとは言えませんが、、、それについてどう考えているか、なんてプライベートな領域の話でしょ?そこまで理解してもらおうなんて、ちょっと図々しいですよ。仕事で関係しているだけの人なんですから。

 

えー、その、社会的なこととプライベートの境目ですか?

うーん、そうですねぇ、、、「決める」までが、プライベートですかねぇ。「結婚するって決める」まではプライベートかな?それを継続するってなると、あれこれ関係者が増えてくるので、、、「社会的な側面の要素が増える」ってことですかねぇ。

 

あ、あの、そう、、そうです。子供も同じだと思いますね。子供も作るって決めるまではプライベートだと、、、。できた後が社会的な存在になるんだってことですかねぇ。

うん、うーん、この手の話って人にしたことがないので、自分でもあまり整理はついていなんですよ。

そ、そうですね、パンダだって発情してる時は一般公開を止めるでしょ、、、交尾を確認するまでは、、、。

 

あ、あの、はい、人間と動物を一緒にするな、と。

 

子供が生まれないとこの社会が続かないことは、よーく存じておりますが、、、、。え、ぇ。そのー、個人の決断の領域に他人は関われないってことですよ。え?そんな硬い言葉を使うな?あ、あの、はい、すいません。

 

え、まあ、そのプライベートな決断なので、仕事で関係する人とは話しないってことですね。うん、その、親とですか、、、。そういった話はこの何年かは全くしなくなりましたね。母は「お金を貯めて、土地を買え」って言ってます。、、、うん、正しいと思いますよ、、さすがに戦中を生き抜いた人だと思いますね。

 

あ、父ですか?うーん、父はまあ、私が可愛いと思うので、あまり気にしてないと、、、。うん、はい、根拠はありませんが、末っ子は兄弟の中では一番可愛いんじゃないかと、、、。

 

うん、はい、あー、あの、もう船の時間もありますので、今日のところはこの辺りで、え、はい、今後もよろしくお願いします。では、失礼します。

 

☆上記は全て事実に基づかない話、あるいは「オルタナティブ・ファクト」なお話です。

 

 またねー