読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四月になって私は、、日記

今年の4月は雨が多い。田んぼの水も満タンだ。シケシケとした雨が降るので気が滅入るが今日は曇り空。

私の部屋にはエアコンを取り付けるために壁にスリーブ(筒状の穴)があります。そこに毎年スズメが巣を作り、ピーピーと忙しくしている。

2月ごろはぴよぴよの雛をたくさん連れて歩いていたカモは雛もすっかり大きくなり、母カモから離れてお尻をフリフリ、モタモタと歩いている。

 

今日は最近のラジオやら読書やらの記録メモ。

 

radikoでタイムフリー機能が使えるようになって、ラジオを聴いている時間がさらに長くなった。

先週はTBSラジオが何かのキャンペーンでゲストが豪華でした。午前中の番組のゲストで久米宏さんと糸井重里さんが出ていて(別の曜日に)、久米さんの回で「どんなに重い癌患者でも明日は生きる気でいる、だからそのくらいの(時間)感覚で生きていればいいんじゃないか」とお話しされ、糸井さんは「死にかけている犬が明日も生きる気でいる姿には影響を受ける」と話されていました。

久米宏さんは72歳、糸井重里さんは68歳。

www.tbsradio.jp

お二人が出演されていたのはこの ↑ 番組です。

 

1年ほど前に見つけた動画ですが、時々見返しています。


ビジネスリーダーが学ぶべき「歴史」

 

為末大さんと出口治明さん。

出口さんは「人間って、だいたいこんな感じでしょう」と柔らかい口調でお話しされて、また歴史を引用するときの内容が面白い。

本業はベンチャー生命保険会社の社長→創業者で、鳩に豆を食べさせる面白いおじさん、でもあります。

www.lifenet-seimei.co.jp

出口さんは著作も多く、歴史や読書(本について)、またマネジメントや働き方、本業の保険やお金についてなど内容も色々な分野にわたります。

一つ読んでみようかな、と思い「本の使い方」をオーディブルで聞きました。

本の「使い方」

本の「使い方」

 

 この本な中で印象的だったのが

ビジネス書を読むよりは1冊の古典を読め、会社を経営する人は人と社会について理解しなければならない、という二つでした。

 会社を経営しているわけじゃありませんが、社会心理学講義を読みました。

社会心理学講義:〈閉ざされた社会〉と〈開かれた社会〉 (筑摩選書)

社会心理学講義:〈閉ざされた社会〉と〈開かれた社会〉 (筑摩選書)

 

これがすごく面白い。 

この本は観光客の哲学 ↓  と似た目的を持って書かれています。

ゲンロン0 観光客の哲学

ゲンロン0 観光客の哲学

 

 この二つの論考はともに「今の社会で異質なものに寛容であるために」をそれぞれのアプローチで実現するための方法(イメージ)を探っています。

 

社会心理学講義の著者である小坂井さんはフランスの大学で講義と研究をされています。フランスといえば来週、大統領選挙があるのですよね。

ネットの報道ではルペン氏失速、とありますが、この人って本物の移民排斥思想を持っていそうで怖い。トランプはテレビやネットの報道で見る限り、いろいろやっているけれど「ショーマン」な印象です。

 

仕事の方では、いろいろと気の重い案件が並んでいる。

一番の気の重さは、私のグループトップが私がいないところで私について「社会性がない」と発言したらしいこと。

具体的には「人の顔と名前が一致しない」くらいだと思うのですが、「社会性がない」は言葉だけを聞くと人格欠損みたいなのでやめてほしい。

これがなんで気が重いかと言いますと、仕事の成果とは全く関係しないからです。

が、とにかく、ひとつひとつの案件のdoneを目指してコツコツやろうね。

 

ま、あれこれありました。