自分に合うものと出会うことの価値

旅・人・本から学ぶ、という方法を出口治明さんの著作で教えてもらいました。

 著作なんだけど、オーディオブックで聞きました。

本の「使い方」

本の「使い方」

 

 ロジックが通っているというのは「わかりやすい」の別名であることはこの本を聴いていて発見したことです。見習いたいものだ。

 

旅・人・本のうち本から学ぶのは普通の人でもトライしやすい、時間もお金もリーズナブルな方法だと思いました。わたしの「学び」とは「行動が変わること」なのです。

今まで読んできた本から、何を学んだんだろう?と思い返してみると、本を読んだあと行動が変わるほどの学びがあった本かいくつかあります。

 

学びのあった本の中でも存在が大きいのは、こちらです。

自分のアタマで考えよう――知識にだまされない思考の技術

自分のアタマで考えよう――知識にだまされない思考の技術

 

ちきりんさんのお面(イラスト)が「think on your own!」とメッセージしているように 自分の頭で考えることと知識を取り入れ使う(リテラシーを身につける)ことが別のものなのですよ、と具体的な事例を使って教えてくれます。

それで、わたしの行動の何が変わったのか?

・人の話を聞く時に「その人が考えたことなのか?」を注意して聞くようになった。が、今の所見分けがつくことは少ない。効果としては「一般論として言われる悪口に腹が立たなくなった」です。

・ノウハウの部分、特に「レベルをごっちゃにしない」と「意思決定のプロセスを決める」は周りの人にも還元できるようになりました。初読から5年ほどかかりました。でも、できるようになったことは嬉しい。

 

その他の著作の影響で始めたことも多く

「in tune with the market!」 のメーッセージに煽られて、一度挫折したブログを再開し今に至ります。また、「これの価値って結局何なのさ?」ということを日常的に考えるようになりました。

また「take your life back!」がメーッセージのこの本からは

 日常生活にゆとりが欲しければ、家事にも「生産性」のコンセプトは必要なことを教えられました。わたし自身が「効率」と「生産性」を混同していたことにも気がつきました。生活にメリハリがついて、だらけていた日常がピシッとし、出勤する前に10分〜25分の読書の時間が作れて、今はもっと書く時間を増やしたいなー、とチャレンジしています。それに「レコードで音楽を聴く」時間や「ラジオドラマを聞く」時間があるんですよ!(いちおう、勤め人でございますのよ、わたくし)

 

この3冊には「自分のライフスタイルを作るのに補助線を引いてもらった」といった感じです。自分に合うノウハウの本に出会ったことは偶然かもしれませんが僥倖に近いことだと思っています。ちきりんさん本人はたびたび「若い人をおあることが仕事」とおっしゃっていますが、わたしは「あおられやすい(乗せられやすい)中年」なのかもしれません。

また、世の中ってこんな感じ、という「世界観」が「これからの世の中は今までにない変化をします」という物の見方が近いことも著作を受け入れやすかった理由の一つだと思います。

 

影響を受けやすく、乗せられやすいならば「誰から影響を受けたのか?」ぐらいは自覚的でいたいと思いました。

 

 最後にちきりんさんと「世界観」が合わない人にもオススメなのが旅関係の本とブログです。

社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう! (だいわ文庫)

社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう! (だいわ文庫)

 

 ブログは検索してくださいませ。

わたしは子供のことに見ていたTV番組「兼高かおる世界の旅」くらいのクオリティーだと思っています。

 

結論はタイトル通りです

 

またねー