テレビ的・twitter的コミュニケーションを乗り越えるために。

おはようございます。

 

このところ、職場の環境の変化についていけなくて、モヤモヤしておりました。

結論らしきものが出たので、とりあえずのメモです。

 

職場環境の変化というのは、昨年までは比較的「ものを相手にする静かな環境」だったのが「人に囲まれて、コミュニケーション(相談・合意)をとりながら進める騒がしい環境」になったことです。

今までも騒がしい環境で仕事することはあったので特に環境変化に注意を払うことはなかったのですが、仕事の後の疲労感というか満足に仕事ができない感じ、があってなかなかのモヤモヤ感につきまとわれていたのです。

 

帰宅後に気分をリセットしようとしてもうまくいかない。

 

なぜだ?

 

というのが出発点でした。

 

で、ですね。この今の環境って

「テレビやtwitterランドのコミュニケーションがリアル職場で行われている」時に「考える仕事、主にスケジューリング」をしようとしてうまくいかず、仕事が後手後手に回ってモヤモヤする。

その後、お家に帰ってきて「あーリセットしよう」と思ってさらにtwitterを見て、職場と同じようなコミュニケーションを続けていた。

ってのが、私の捉え方です。

 

それでね、なんでそういうふうに捉えたか、は今日はすっ飛ばして

どうしたらいいのか?

 

1 考える時は静かな時間帯、場所に移動する。

早朝出勤と出勤日がずれているところを利用する。場所は事務所と作業場の二つあることを利用しようと思います。

 

2 体を動かす時間を作って強制的にリセットする。

水泳・ストレッチ・筋トレのやっても苦にならないことを組み合わせて、仕事とは全く違う体を使う時間を作りたいと思います。

 

の二つをやってみることにしました。

 

うまくいくかしら?

 

「テレビ・tweiter的コミュニケーション」ってのを気がつくのにすごく時間がかかりました。このことについてはまた今度ね。

今日もお仕事頑張りましょう。

では、またね。