旅に出ました。(帰ってきたよ。)

4年に一回の現代アートを巡る旅に出ました。

今日は旅のもう一つのテーマ「再び、都市環境に住みたいか?」に関する自分用メモ。

このインテリアは苦手。この場所は白状してしまおう。名古屋市の栄地区です。

f:id:agaf:20190903154405j:plain

しょっぱなからネガティブですが、ここはいいねー、というホテルのインテリアは満足して撮影を逃してしまいました。ばかだねー、あたし。

苦手な方は壁紙・絨毯共に色使いのコントラストが強すぎる。このテイストなら、もっと広い部屋で開放的な窓があれば、気にならないはず。(私の基準でね)

つまり、狭い部屋に対してインテリアの柄度(こんな用語はありません。念のため。)が高すぎる。

 

部屋からの眺め。上のホテルとは別の場所。12階の眺め。豊田市です。

f:id:agaf:20190903154810j:plain

悪く無い。東向きの部屋が好きかも。この部屋はグッドでした。

 

駅前の月額会員制のカーシェアリング。試してみたい。もちろん、豊田市です。

f:id:agaf:20190903154938j:plain

 

 

名古屋市。開発に取り残されたような長屋建築の一部分。

f:id:agaf:20190903155119j:plain

 

豊田市美術館から郊外を見る。

f:id:agaf:20190903155356j:plain

 

また、都市部に住みたいか?

うーん、この写真には人は写っていないけれど、私にとって都会の魅力って「人が多いこと」なんですよね。人に会いやすい(友人を呼びやすい)環境が魅力、ってところでしょうか。

都市の人の魅力って「ここであってお話ししても、次はもう合わないかも」って時でもお行儀が良かったりするところ。

田舎もんは空気を読まず、ズケズケいいます。(嫌いじゃありません。)

 

田舎暮らしを快適に過ごす秘訣の一つは、人間関係を固定化させないことなんですが、

さて、どうしたものか?

 

今回の旅では、名古屋市は私には大きすぎ。豊田市は歳の規模はまあいい感じですかね。ほんとーにトヨタ車ばっかりでビビりました。

 

結論:また都市には住みたい。

 

またねー。