老後は田舎で暮らしたい人に四つの意地悪な質問

今週のお題「理想の老後」

「老後は田舎でのんびり暮らしたい」って人は今でも多いのでしょうか?

私は「田舎暮らしこそ、体力のある若いうちに経験したい」と考えています。

でも、まあ、老後、現在に関わらず

「地方移住する前に自分で決めておかなくちゃならない大事なことは何?」

を独断と偏見で考えて見ました。

うむー、と適当な時間を使って考えた結果が、以下の四つの質問に答えを持っていたら、お試し地方移住やって見たらいいのではないでしょうか?

 では、質問に移りましょー。

 

1その場所でやりたいことで最も大切なことは何か?

あなたが若い人なら田舎で「のびのびとした子育て」をしたい?それとも「夫婦二人で田舎の自然を満喫」したいですか?

その子育ての「のびのび」の中身はなんですか?子供の塾や習い事からの解放でしょうか?それとも育てている親の方の余裕を確保したいのでしょうか?

田舎の自然をどのように満喫したいですか?散歩?自転車?それとも、、、、。

 

というような意地悪な質問にもどんどん回答しましょう、自分が何をしたいかがかなり言語化できると思います。

 

2その最も大切なやりたいことは、その場所に行けば現在住んでいる街より、楽に達成できるようになるか?

ここは調べ物です。あなたがやりたいことを楽に達成できるセット(環境)をその地域は備えていますか?

ここでは実際にその地に移住した人に話を聞くのも効果的かもしれません。移住の目的が似ている人がいたら、より良いかもしれません。

特に、地域づきあいの程度をよく確かめておくことは大切です。休日の全てを地域行事に使う月があるなどは住んで見ないとわからないものです。

 

3経済的な手段は何か?

何をして食べていくの?という質問です。現地で職を得ることが必須なのか?あるいは土地に縛られない仕事をすでに確立しているか、などいろいろな条件があると思います。

しばらくは無職で大丈夫?現地収入に生活レベルを合わせるので低収入でもok?

収入以外にも自分の暮らしにかかる最低限の費用を把握しておくことは大切です。

特に田舎は水光熱費がとても割高です。都市に比べて規模の経済が働かないからでしょうか?

 

4失敗した!と思ったときの撤退方法はあるか?

この四つの質問の中で、一番大事です。これについては、私からのアドバイスはありません。みなさん自身で考えてください。

 

と、まあ、このような質問に答えられたら、具体的に場所を絞り込むなど田舎に移住を検討してもいいかもしれません。

頼まれれば、このような意地悪な質問をしに、あなたのお家に伺いますよ!ヤァー!

笑うセールスマン風に読んでください)

 

とか、言っちゃってねぇ、、、。いや、田舎に移住するってさ、結構心身ともに負担が大きいですよ。親の住んでいる実家に帰るってだけでもストレス満載になりますよ。

 

急にこんなことを考えたのが、今年4月に内閣府が発表した「人生再設計第一世代」の方針の中に「地方移住も進める」という一文があって気になりました。

これ ↓ が元々の資料です。

www5.cao.go.jp

 

 

地方移住は悪くありません。

しかし、よーくよく考えて決めてくださいね。人生再設計の「人生」は誰かの人生でなく、あなたの人生です。判断力が鈍っているときに決めちゃ行けません。少なくとも上の4つの意地悪な質問に答えられるくらい、冷静なときに考えましょう。

 

ちなみに、上の質問の重要度順について、私は番号とは逆で考えています。重要度ね、考える順番とは違います。きっと。

 

ま、ごさんこーまでに

またねー。