ハンドル記 for Dream

中年期の独り住まい。

冷蔵庫が三日間動いてくれたなら。エイプリルドリームその1。

2年前の晩夏に台風が島の近くを通った時、1日半の停電がありました。10年前に台風が直撃した時(台風の目が島を通った時)はまるまる二日の停電があり、この時は同時に断水しました。

沖縄県はコンクリート住宅が普及しており、台風で屋根が飛んだり、といった被害は徐々に少なくなりました。私が幼少時には台風時に停電はつきものでしたが、沖縄本島那覇から南部地域では滅多に停電することはなくなりました。

 

なのだけれど、、、私の今住む島では「台風の時の停電」は日常的です。台風時以外にもちょいちょい(短時間)の停電がありまして、停電すること自体には慣れております。

なのだけれど、、、丸二日に渡る電気無し生活は、慣れない。慣れることはできない。

「冷蔵庫が三日間動いてくれたなら。」

昼間、台風後の道路に散らばった瓦礫を片付ける作業をした夜に、自宅の冷蔵庫で腐敗した食品の処分と庫内の拭き掃除&除菌、という作業が待っている、なんてことは「避けられること」なのでは?、、、んにゃ、「避けられること」にしたい!

 

と、そういった わけで、こちら ↓ でございます。

1万円でできる!  ベランダでできる!  独立太陽光発電所の作り方

1万円でできる! ベランダでできる! 独立太陽光発電所の作り方

  • 作者:中村昌広
  • 発売日: 2015/01/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

週末に届きました。これから読みます。

 

2年ほど前から、先に書いたような考えは持っていたのですが、やっと、注文しました。

、、、、われながら、この始めるまでの時間の長さは、、、あきれる。

私がぼんやりしていた2年間の間、この手の「自分で電気を作りましょー」という書籍は徐々に増えています。2年前にアマゾン検索した時は、2冊ぐらいしかヒットせず、そのうち1冊はオンデマンド出版で、それなりのお値段でした。

 電力自由化により、電力を自分で作りたい、というニーズが増えたのでしょうか?

 

私の目指すところは「台風など自然災害による停電時に三日間冷蔵庫を動かすこと。」というもの。

なので、小さいところからコツコツ初めて自分のちょうど良い発電スタイルを探しましょう!というこの本のスタンスに近いかな、と考えました。

 

災害の時、備えがあれば避けられることと、備えていても限界があることがあります。

冷蔵庫が三日間動いてくれたなら、昼間瓦礫撤去作業から帰ってきて(痛んだ食べ物の処分ではなく)ストックしていた食べ物を温めて食べることができる。

将来は、この島のすべてのお家でこんな暮らしができたらいいな。

 

エイプリルドリームその1、でした。

じゃ、またねー。